日本語用論学会

次の年次大会

日本語用論学会第20回大会(20周年記念大会)

「語用論のこれまでとこれから ―学会20年の歩みとともに―」

 語用論学者としてオースティン、サール、グライスらが想起される頃から数十年が過ぎ、現代の語用論は研究の対象が拡大、複雑化しています。談話研究、会話分析、ポライトネス、メタファーなど、言語と社会、言語と認知を探究する方向へ、また、英語学の一分野といった位置づけから、対象言語も日本語や世界のさまざまな言語へ、さらに、文脈を伴った実例の重要性に対する認識は、言語研究全般に高まりつつあります。語用論の現況を再確認するとともに、皆様とご一緒にこれからの10年、20年を展望したく思います。日本語用論学会20周年記念大会にぜひ足をお運びください。

◆日時: 2017年12月16日(土)、 17日(日)   ※15日(金)にPre-conferenceを実施します
                  16-17, December 2017

◆場所: 京都工芸繊維大学(松ヶ崎キャンパス) KIT in Kyoto, JAPAN
     60周年記念館・東3号館(旧・ノートルダム館)
     〒606-8585 京都府京都市左京区松ケ崎橋上町

◆大会参加費(registration fees) 
     会員(members): 2,000 yen
     非会員(non-members): 3,000 yen

プログラム速報版(programme : first circular)

◆主なプログラム(予定)  The preliminary programme for the PSJ-20

12月15日(金)  Dec. 15
 14:30~17:00
プレコンフェレンス  Pre-conference
 第一部 講師: Chirstopher Hart氏(Lancaster University)
 第二部 講師: Jonathan Culpeper氏 (Lancaster University)
12月16日(土)  Dec. 16
 9:30~
受付開始  REGISTRATION
 10:00〜11:50
20周年記念シンポジウム  SPECIAL SYMPOSIUM
 テーマ:「語用論研究の拡がり:語用論の関連分野からの提言」
 司 会: 鍋島弘治朗(関西大学)

 講 師: 松本 曜氏(国立国語研究所)「意味論と語用論は近づいたか」
 講 師: 酒井 弘氏(早稲田大学)「含意と推論の基盤を探る」
 講 師: 定延利之氏(京都大学) 「民族音声学の夜明け」
 11:55〜13:10
(昼食休憩/会員総会)
 13:10〜15:05
研究発表1  GENERAL SESSIONS 1
张绍杰先生特別講義 Special Lecture "Face and Politeness in Chinese" (Prof. ZHANG)
 15:10〜16:40
一般ワークショップ Workshops 
 16:50〜18:20
基調講演1  PLENARY 1  (Prof. Hart)
 司 会: 林 礼子 (甲南女子大学)
 講 師:  Christopher Hart氏 (Lancaster University)
 テーマ:  Experimental Methods in Cognitive Linguistic Critical Discourse Studies (CL-CDS)

      (認知言語学的批判的談話研究における実験的手法)
 18:30〜20:00
懇親会 (※)  Conference Banquet
 (Regular members ¥4000,  students ¥3000)
12月17日(日)  Dec. 17
 9:00~
受付開始  REGISTRATION
 9:30〜11:25
研究発表2 GENERAL SESSIONS 2
 11:30〜12:20
ポスター発表 POSTER PRESENTATIONS
 
昼食休憩  LUNCH
 12:50〜14:20
基調講演2 PLENARY 2 (Prof. Culpeper)
 司 会: 椎名 美智 (法政大学)
 講 師: Jonathan Culpeper氏 (Lancaster University)
 テーマ: Historical Pragmatics: The Case of Early Modern English Negatives
 14:30〜16:30
東アジア特別国際シンポジウム
EAST ASIAN SPECIAL INTERNATIONAL SYMPOSIUM
 テーマ: 「東アジアの語用論(Pragmatics in East Asia: Its practice and contribution)」
 司 会: 井出 里咲子 (筑波大学)
 講 師: 詹 全旺 Zhan, Quanwang氏 (中国Anhui University 安徽大学)
      Subjectification of the English booster "awfully" : A corpus-based study
 講 師: 王 萸芳 Wang, Yu-fang氏(台湾 National Kaohsiung Normal University
                             国立高雄師範大学)
      The structures, meanings and functions of conditional clauses in spoken and
      written Chinese discourse
 講 師: Seongha Rhee氏(韓国外国語大学校 Hankuk University of Foreign Studies)

      Grammaticalization and Pragmatic Inference: The Case of Insubordination
 ディスカッサント: Jonathan Culpeper氏 (Lancaster University)
 16:30〜16:40
閉会の挨拶  CLOSING

  

 

 

◆研究発表募集要項

 こちらのページをご覧下さい。

 

2017年度年次大会会場・京都工芸繊維大学への交通・宿泊について

 〔交通について〕
京都駅からのアクセス
京都駅より市営地下鉄烏丸線「国際会館」行きに乗車(約18分)「松ヶ崎駅」下車、徒歩約8分
地下鉄松ヶ崎駅からのアクセス
地下鉄烏丸線「松ヶ崎」駅より徒歩約8分。(出口1から右(東)へ400m進み4つ目の信号を右(南)へ180m)

〔宿泊について〕
 この時期の京都周辺のホテルは例年混み合いますので、予約は早めにお願いします。場合によっては大阪府や滋賀県のホテルでもJR京都線・琵琶湖線の沿線なら比較的短時間でご来場になれます。交通機関を確認のうえ、ご利用ください。

 

TOP