日本語用論学会

最近の年次大会

2015年度 第18回年次大会について

 

日時: 2015年12月5日(土)~6日(日)
場所: 名古屋大学(Doticon_blk_Blankアクセス
〒464-8601 愛知県 名古屋市 千種区 不老町
TEL:052-789-5111(代表)
概要: Doticon_blk_Blank第18回大会プログラム 【最終版】 (2.5MB)
Doticon_blk_Blank第18回大会発表要旨集 【最終版】 (1.7MB)

 


◎大会スケジュール(要旨)・会場案内

5日(土)
9:30~  大会受付
10:00~ 招聘発表&ワークショップ
11:50~ ポスター発表1
13:00~ 会員総会
13:30~ 研究発表
16:15~ 基調講演
18:00~ 懇親会

6日(日)
9:00~  大会受付
9:30~  研究発表
11:30~  ポスター発表2
13:00~ シンポジウム
15:30~ 閉会式

大会受付  1階 A14教室(初日9:30~大会終了まで)
書籍展示  1階 A15教室
休憩室   1階 A11教室
大会本部  1階 A13教室

*昼食場所
5日(土)は、学内食堂(南部厚生会館)が利用できます。是非ご利用ください。
また、両日とも昼食時は全学教育棟(会場とは別です)1階ラウンジで飲食持ち込み可です。
なお、会場外での昼食は、地下鉄名城線「名古屋大学」駅周辺(会場から徒歩5分程度)に数軒ございますので、当日配布のランチマップでご案内いたします。

 


 

12月5日(土曜日)

招聘発表&ワークショップ(10:00~11:40)

B会場  招聘発表 / Invited Special Lecture [2階A26]

  • Extensions of the Chinese Passive Construction: A Memetic Account

Lecturer: CHEN, Xinren (Nanjing University)
Chair:KUBO, Susumu (Matsuyama University)

D会場  ワークショップ1 / Workshop 1  [2階A28]

  • Breaking the Ice: 日本人と留学生の初対面会話における打ち解けの手続き

   オーガナイザー/司会:井出 里咲子(筑波大学)

  1. 初対面の会話における話題の選定と会話の進行方法

許 明子(筑波大学)

  1. 打ち解けの連鎖構造:第1言語と第2言語としての日本語話者間の初対面会話を見て

ケード ブッシュネル(筑波大学)

  1. 初対面会話での対立を避けるための会話の進行方法

関崎 博紀(筑波大学)

  1. Melting the Ice?: 初対面対話における聞き手行動としての日本人の笑い

井出 里咲子(筑波大学)

E会場 ワークショップ2 / Workshop 2 [3階A34]

  • リスナーシップとアイデンティティ ―異文化とジェンダーの視点―

 オーガナイザー:難波 彩子(岡山大学)/ 司会:村田 和代(龍谷大学)

  1. 男女の会話からみたリスナーシップの役割

難波 彩子(岡山大学)

  1. リスナーシップから見た自他認識 ―日・米語会話の比較―

植野 貴志子(東京都市大学)

  1. コンテクスト化の合図からみたリスナーシップ ―異文化間対話でのゴシップにおけるリアクティブ・トークンの分析―

山口 征孝(慶應義塾大学/獨協大学)

ポスター発表1/ Poster Presentations 1 (11:50~12:50)

[(A) 3階A33 / (B) A32]

A1.  Nice and Adj construction in Imperative construction

FUJINAGA, Kiyono(Graduate School, The University of Tokyo)

A2.  Conceptual Basis of Classifiers in the Chinese and Japanese Languages

ZHU, Zhiyang(Graduate School, Sapporo University)

A3.  コンテクストの中で見る集合名詞とその周辺の名詞クラス

今井 友里(愛知県立大学大学院)

A4.  中日両言語における分裂構文選択の差異 ―談話機能の観点から―

楊 竹楠(名古屋大学大学院)・堀江 薫(名古屋大学)

A5. モダリティとポライトネスとの接点を探って ―その論理的可能性について―

隋 暁静(北海道大学大学院)

B1. 「断り談話」の日本語とスンダ語対照研究 ―ポライトネス理論の枠組みを利用して―

ノフィア ハヤティ(金沢大学大学院)

B2.  合意形成型討論における中国語母語話者の意見交換の特徴 ―親しい友人間の会話データを基にして―

趙 東玲(金沢大学大学院)

B3.  ロシア人日本語学習者の目上の相手に対する「ほめ」の現状

小川 恭平(筑波大学大学院)

B4.  英語母語話者と日本語母語話者の初対面会話にみられる助言について

山本 綾(昭和女子大学)

会員総会 / General Assembly (13:00~13:20) [3階A31]

司会:山本 英一(関西大学)

  1. 会長挨拶             林 宅男(日本語用論学会会長・桃山学院大学)
  2. 会計報告             長友 俊一郎(日本語用論学会事務局幹事・関西外国語大学)
  3. 編集委員会報告    加藤 重広(日本語用論学会編集委員長・北海道大学)
  4. 事務局長報告           山本 英一(日本語用論学会事務局長・関西大学)

研究発表 / Oral Presentations (13:30~16:05)

A会場  [2階A21]  日本語発表

① 13:30-14:05  ② 14:10-14:45  ③ 14:50-15:25  ④ 15:30-16:05

司会:塩田 英子(龍谷大学)

  1. 「んだよね」の手続き意味の考察 ―「ね」の音調と発話解釈との対応に基づいてー

市村 葉子(名古屋大学大学院)・宇都木 昭(名古屋大学)

  1. 関連性理論に基づいた呼びかけ表現の分析

平田 一郎(専修大学)

司会:大津 隆広(九州大学)

  1. converselyの対称性

黒川 尚彦(大阪工業大学)

  1. 「NPデハ(ジャ) アルマイシ」と百科事典的記載事項に関する考察

ダフィー 美佐(奈良女子大学(非))

B会場 [2階A26] English Presentations

① 13:30-14:05  ② 14:10-14:45  ③ 14:50-15:25  ④ 15:30-16:05

    Chair: NAMBA, Ayako (Okayama University)

  1. An Interactional Sociolinguistic Analysis of Japanese Listener Behaviour

 ALLEN, Todd (The University of Queensland)

  1. Conceptualising Backchannel Behaviour in Japanese English and Australian English

IKE, Saya (Sugiyama Jogakuen University), MULDER, Jean (University of Melbourne)

 Chair: CAMPANA, Mark (Kobe City University of Foreign Studies)

  1. Seeing Music: The Conceptual Representation of Visualized Music in Japanese Music-themed Manga

 HSU, Iju, CHIANG, Wen-yu (National Taiwan University)

  1. Prosodic Constructions in Japanese Dialog: Preliminary Observations

 WARD, Nigel (Kyoto University/University of Texas at El Paso)

C会場 [2階A27] English Presentations

① 13:30-14:05  ② 14:10-14:45  ③ 14:50-15:25  ④ 15:30-16:05

                                                     Chair: MURATA, Kazuyo (Ryukoku University)

  1. When a Journey Ends: Preferential Metaphors Love-related Concepts in Mandarin and English Populara Songs about Heartbreak

   CHANG, Yi-Hsuan (National Taiwan University)

  1. The Kaleidoscope of the Divine Images: The Conceptual Metaphors Concerning God in Gospel Songs

                                       HUANG, Wen-Yi, CHIANG, Wen-yu (National Taiwan University)

                                                 Chair: BUSHNELL, Cade (University of Tsukuba)

  1. Refusal Interaction in L2: A Contrastive Study between Indonesian and Vietnamese Learners of Japanese

    NURJALEKA, Lisda (Kanazawa University)

  1. Shaping Interactional Space for Student-initiated Sequences in Small Group English Lessons

  NODA, Chieri (Birkbeck, University of London)

D会場 [2階A28] 日本語発表

① 13:30-14:05  ② 14:10-14:45  ③ 14:50-15:25  ④ 15:30-16:05

                                                     司会:野澤 元(京都外国語大学)

  1. 話し言葉コーパスを用いた談話辞の分析

山本 五郎(広島大学)

  1. CDSの射程~談話標識I meanの新しい例からの検証~

                                                          小林 隆(金沢大学大学院)

                                                     司会:大西 美穂(名古屋短期大学)

  1. 構文交替における語用論的要因の影響に関する考察 ―時間経過を表す「Xが近づく/Xに近づく」の格交替について―

             大神 雄一郎(大阪大学大学院/日本学術振興会特別研究員)

  1. 名詞派生形容詞メタファーの意味的特徴およびテクストタイプとの関係

 田丸 歩実(京都大学大学院)

E会場 [3階A34] ①日本語発表 ②③④English Presentations

① 13:30-14:05  ② 14:10-14:45  ③ 14:50-15:25  ④ 15:30-16:05

Chair: IDE, Risako (University of Tsukuba)

  1. 日本人とアメリカ人の合意形成におけるインタラクション比較

    大貫 宏子(放送大学大学院)

  1. Gender Plus: Responses to Unfavorable Criticisms in the Taiwanese and American Workplace

     TUAN, Jeanne (Shu-te University)

Chair: NISHIDA, Koichi (Shimonoseki City University)

  1. A Diachronic Pragmatics Account of Chayidian‘s Ambiguity and Development

   KUO, Yueh Hsin(The University of Edinburgh)

基調講演 (16:15~17:45) [3階A31]

司会:北野 浩章(愛知教育大学)

Plenary Lecture

Speaker:  Prof. Nick Enfield (University of Sydney)
Title:         Universals and Diversity in Language Use: Explorations in Pragmatic Typology

懇親会 / Conference Dinner (18:00~20:00)

会場:南部厚生会館
会費:学生 3,000円、一般 4,000円
(交流と議論の場です。お一人でもご遠慮なくお越しください)

 

 

12月6日(日曜日)

研究発表 / Oral Presentations(9:30~11:25)

A会場 [2階A21] 日本語発表

① 9:30-10:05  ② 10:10-10:45

  司会:初鹿野 阿れ(名古屋大学)

  1. (発表キャンセル)
  1. 中間言語のポライトネス・ストラテジー 英語による母語話者との断わり表現の比較対照研究

福鎌 博忠(放送大学大学院)

B会場 [2階A26] English Presentations

① 9:30-10:05  ② 10:10-10:45  ③ 10:50-11:25

   Chair: ASAO, Yoshihiko (Nagoya University)

  1. Pragmatic factors determining the references of indexicals I, here, and now in recorded and written messages

MIZUTA, Yoko (International Christian University)

  1. Constructing a uniquely ‘Japanese’-masculinity: otona advertising for Sapporo beer

 KROO, Judit (Stanford University)

  1. Developing pragmatic skills for constructing masculinity in a foreign language context: A case study of a Japanese male EFL student in mixed-sex talk

   ITAKURA, Hiroko (Hong Kong Baptist University)

C会場 [2階A27] English Presentations

① 9:30-10:05  ② 10:10-10:45  ③ 10:50-11:25

Chair: YOSHIDA, Etsuko (Mie University)

  1. How Phonetics Serves Pragmatics: Consonant Segmental Repair Strategies in English as a Lingua Franca in Japan

O’NEAL, George (Niigata University)

  1. The Color of Tone

 CAMPANA, Mark (Kobe City University of Foreign Studies)

  1. Repetition and Prosody of Japanese-Speaking Learners of Chinese in Intercultural Classrooms

CHEN, Chun-Mei (National ChungHsing University)

D会場 [2階A28] 日本語発表

① 9:30-10:05  ② 10:10-10:45  ③ 10:50-11:25

司会:鈴木 光代(東京女子医科大学)

  1. 英語Stillの語用論的機能の発達

 岩井 恵利奈(青山学院大学大学院/日本学術振興会特別研究員)

  1. 副詞類義表現における使い分けに関する一研究:知覚由来の確信度を表す副詞を中心にして

中村 文紀(北里大学)

  1. 「除外」の意味を表す周縁的前置詞の用法の棲み分けに関して

林 智昭(京都大学大学院)

E会場 [3階A34] 日本語発表

① 9:30-10:05  ② 10:10-10:45  ③ 10:50-11:25

 司会:岡本 芳和(金沢星稜大学)

  1. 謝罪で使われる使役表現の機能

王 慧雋(早稲田大学大学院)

  1. NR述語とNR現象 ―主節否定は従属節否定を圧倒するか?

   森 貞(福井工業高等専門学校)

  1. 韓国語受身表現の受恵表現としての変化 -接尾辞「patta」と「tanghata」を対象にした他動性条件からの分析-

   安 蕙蓮(松山大学/名古屋大学大学院)

ポスター発表2 / Poster Presentations 2(11:30~12:30)

[(A) 3階A33 / (B) A32]

A1.  新聞見出しの日中対照研究 ―見出しの構成と省略について―

単 艾てい(九州大学大学院)

A2.  Typological Study on Onomatopoeia

ZHANG, YongFeng(Graduate School, Sapporo University)

A3.  An RT-OT Account of Metaphor Comprehension

CAO, Yanli, TONG, Xun (Southeast University)

A4.  現在進行中の意味拡張に関する実証的研究 ―「普通(に)/大丈夫/痛い/やばい」の意味理解と自然性判定に着目して―

四谷 厚子(放送大学大学院)

A5.  日本統治時代の台湾で描かれた新聞漫画におけるメタファーの分析

齋藤 隼人(京都大学大学院)

B1.  全体-部分の談話構造と観察者 ―「目が青い」か「青い目をしている」か―

大西 美穂(名古屋短期大学)

B2.  他者なき対話?:マンガにおける内的なことばに見られる文末表現の一考察

ウンサーシュッツ ジャンカーラ(立正大学)

B3.  From Epistemic Modal to Concessive Marker: A Constructional Analysis of the Chinese Modal Marker kěnéng

ZHU, Bing (Graduate School, Nagoya University)

B4.  発話態度という観点から見た間投助詞 ―間投助詞の出現位置と発話連鎖に着目して―

大江 元貴(筑波大学)

 

シンポジウム(13:00~15:30) [3階A31]

Symposium
Comparing Pragmatic Practices across Languages: Views from Linguistic Anthropology, Discourse Analysis, Corpus-based Cognitive Linguistics, and Functional Typology

 

Chair:  HORIE, Kaoru (Nagoya University)
Speakers:  ENFIELD, Nick (University of Sydney)
 KATAOKA, Kuniyoshi (Aichi University)
 AKITA, Kimi (Nagoya University)
Commentator:  OHORI, Toshio (University of Tokyo)

閉会式 / Closing Ceremony (15:30~15:40) [3階A31]

閉会挨拶   山本 英一(日本語用論学会事務局長・関西大学)

 


Pre-conference workshopのお知らせ

12月4日(金)17時~19時

於 名古屋大学文系総合館7階カンファレンスホール

年次大会に先立ち、ニック・エンフィールド先生の著書 Relationship Thinking の翻訳(『やりとりの言語学』大修館書店,11月出版予定)にちなみ、訳者の横森大輔(九州大),梶丸岳(京都市立芸術大)、遠藤智子(日本学術振興会RPD/筑波大)、木本幸憲(京都大)、ニック・エンフィールド(シドニー大学)、井出祥子(日本女子大名誉教授)の各氏によるワークショップを開催します。

Pre-conference workshop featuring the Japanese translation of Prof. Enfield’s Relationship Thinking

Participants:  Daisuke Yokomori (Kyushu U.), Gaku Kajimaru (Kyoto City U. of Arts), Tomoko Endo (JSPS-RPD/U. of Tsukuba), Yukinori Kimoto (Kyoto U.), Nick Enfield (U. of Sydney), Sachiko Ide (Emeritus, Japan Women’s U.)

ワークショップでのエンフィールド先生の講演要旨:
“The Elements of Human Sociality”
Nick Enfield
In this talk I will introduce some of the key elements of our distinctly human form of sociality. Many animals have complex social lives, but humans have a unique combination of capacities that form a kind of ‘infrastructure’ for social life as we know it. I will introduce some of the key elements of this infrastructure for social interaction, with a special focus on ’status’, ‘enchrony’, and ‘fission-fusion sociality’.

 


Post-conference 公開講演会 のお知らせ
12月7日(月)14時45分~16時15分

於 名古屋大学文系総合館7階カンファレンスホール
*語用論学会中部地区研究会との共催
年次大会終了の翌日、ニック・エンフィールド先生にはさらに公開講演会でお話ししていただきます。奮ってご参加下さい。

“The Utility of Meaning – Language is Anthropocentric, Cultural, and Useful”
Nick Enfield
In this talk I will trace a line of research that has explored ways in which culture and the human perspective permeate the structures of language, from word meanings, to grammar, to patterns of conversation. I will describe some of the questions, methods, and research findings spanning my work over the last two decades, based especially in Southeast Asia, but also in making global linguistic comparisons.

 


大会開催委員(開催校):
堀江 薫 (委員長) (名古屋大学 大学院国際言語文化研究科)
秋田 喜美 (名古屋大学 大学院国際言語文化研究科)
志波 彩子 (名古屋大学 大学院国際言語文化研究科)
(近隣大学):
北野 浩章 (愛知教育大学・日本語用論学会中部地区研究会代表)

大会運営委員(50音順):

(理事)
久保 進(松山大学)
澤田 治美(関西外国語大学)
西光 義弘(神戸大学名誉教授)
山梨 正明(京都大学名誉教授、関西外国語大学)

(運営委員)
有光 奈美(東洋大学)
井上 逸兵(慶應義塾大学)
岡本 雅史(立命館大学)
尾谷 昌則(法政大学)
小野寺 典子(青山学院大学)
金丸 敏幸(京都大学)
加藤 重広(北海道大学)
北野 浩章(愛知教育大学)
小山 哲春(京都ノートルダム女子大学)
首藤 佐智子(早稲田大学)
鈴木 光代(東京女子医科大学)
高木 佐知子(大阪府立大学)
滝浦 真人(放送大学)
田中 廣明(京都工芸繊維大学)
長友 俊一郎(関西外国語大学)
名嶋 義直(東北大学)
鍋島 弘治朗(関西大学)
西田 光一(下関市立大学)
野澤 元(京都外国語大学)
林 礼子(甲南女子大学)
東森 勲(龍谷大学)
堀田 秀吾(明治大学)
堀江 薫(名古屋大学)
森山 卓郎(早稲田大学)
森山 由紀子(同志社女子大学)
山岡 政紀(創価大学)
Mark Campana(神戸市外国語大学)

日本語用論学会会長:     林 宅男(桃山学院大学)
日本語用論学会事務局長: 山本 英一(関西大学)
日本語用論学会事務局:   〒564-8680 吹田市山手町3丁目3番35号 関西大学 山本英一 研究室内
E-mail:secretary@pragmatics.gr.jp