日本語用論学会

バックナンバー目次

『語用論研究』第21号 (2019)

※オンラインでの公開は、2022年4月を予定しています。 ※最新号は、以下のサイトからご購入頂けます。http://www.kaitakusha.co.jp/search/search.php?s=020404   特別寄稿論文  Special Contributions 1 伝 康晴 伝達意図とアドレス性 招待論文  Invited Papers 19 加藤重広 日本語副助詞と世界知識 38  名嶋義直 研究者の社会的役割について     ―民主的シティズンシップ教育における批判的談話研究の活用― 一般投稿論文/Regular Papers 57 儲 叶明 否定的評価に見る規範意識と対人関係     ―ポライトネス理論からの日中対照分析― 78  中馬隼人 トラブルの責任の所在を示す相互行為プラクティス     ―他者開始・自己実行の修復に用いられる「だから」を例に― 100 Hata, Kazuki Pre-resuming Recognition Prompt: A Collaborative Establishment of                     Resuming Storytelling in Japanese Telephone Conversations 118 西川眞由美 談話標識okay の機能的意味―関連性理論の視点から― 139 徳永和博 随意的な主語助動詞倒置が適用されたas 節の文脈的機能とその特徴     ―倒置現象と文脈的機能のインターフェイス― 書評論文/Review Articles 116 澤田淳 指示詞研究の新展開 ̶空間指示詞の類型論̶ Stephen C. Levinson, Sarah Cutfield, Michael J. Dunn, N. J. Enfield, Sérgio Meira (eds.): Demonstratives in Cross-Linguistic Perspective. Cambridge: Cambridge University Press, 2018, xv+387p., ISBN-13:978-1108424288 187 澤田治 加藤泰彦『ホーン『否定の博物誌』の論理』東京: ひつじ書房, 2019, viii + 142p., ISBN: 978-4-89476-803-1  語用論の新しい流れ/New Trends in Pragmatics 197 小野寺典子 「東アジアの語用論」:第16 回国際語用論会議Preconference

『語用論研究』第20号 (2018)

※オンラインでの公開は、2021年4月を予定しています。 ※最新号は、以下のサイトからご購入頂けます。http://www.kaitakusha.co.jp/search/search.php?s=020404   巻頭言 1 加藤重広 『語用論研究』の20周年にあたって 美しい砂の山をきずくために 特別寄稿論文  Special Contributions 3 Jonathan Culpeper and Daniel Van Olmen: Historical Pragmatics and Dialogue: Early Modern English Negatives and Beyond 16  Stephen C. Levinson:  Spatial Cognition, Empathy and Language Evolution 招待論文  Invited Papers 22 Ayşe Nur Tekmen トルコ語に見られる敬語及び丁寧表現 41  西田光一 談話内のことわざの代用機能とグライスの協調の原理の再評価   一般投稿論文/Regular Papers 62 平田一郎 指示表現のレトリック 82  太田 奈名子 占領期日本(1945-1952)のラジオ番組『真相はこうだ』の批判的談話研究          -〈国民の声〉による〈会話〉を考える- 20周年記念シンポジウム「語用論研究の広がり:語用論の関連分野からの提言」/Symposium “Advancement of Pragmatic Research: Opinions from Related Fields in Linguistics” 103 松本 曜  意味論と語用論は近づいたか 109 定延利之  民族音声学の夜明け 114 酒井 弘  含意と推論の基盤を探る  121 鍋島弘治朗  総 括 書評論文/Review Articles 125 窪田悠介 Pragmatic Aspects of Scalar Modifiers: The Semantics-Pragmatics Interface, Osamu Sawada. Oxford University Press, 2018, vii + 254 p., ISBN: 978-0-1987-1423-1 135 山口征孝 『話しことばへのアプローチ?-創発的・学際的談話研究への新たなる挑戦』鈴木亮子・秦かおり・横森大輔 編. 東京: ひつじ書房, 2017, vii + 269 p., ISBN: 978-489476818-5 144 田中博明 Doing Pragmatics Interculturally: Cognitive, Philosophical, and Sociopragmatic Perspective, Rachel Giora and Michael Haugh (eds.). Berlin: Mouton De Gruyter, 2017, xi + 350 p., ISBN978-3-11-054384-1  書評/Book Reviews 155 内海 彰 Rhetorical Questions: A Relevance-Theoretic Approach to Interrogative Utterances in English and Japanese, Risa Goto. Tokyo: Hituzi Shobo, 2018, viii + 194 p., ISBN 978-4-89476-883-3 語用論の新しい流れ/New Trends in Pragmatics 160 早野薫 レヴィンソンが牽引するインタラクション研究

『語用論研究』第19号 (2017)

※最新号は、以下のサイトからご購入頂けます。http://www.kaitakusha.co.jp/search/search.php?s=020404   すべて  All Articles   『語用論研究』第19号 / Studies in Pragmatics 19 特集投稿論文  Special Feature Articles 「レトリックの語用論」 1 山泉実 佐藤信夫の「逆隠喩」をめぐって:関連性理論の語彙語用論の観点から 22 山内昇 記事談話冒頭における多重左方転位構文の修辞的効果について 特別寄稿論文  Special Contribution 40 Gunter Senft,Acquiring Kilivila Pragmatics ― the Role of the Children's (Play-)Groups in the first 7 Years of their Lives on the Trobriand Islands in Papua New Guinea  研究論文/Research Paper 54 岩井恵利奈 アメリカ英語における談話標識Stillの分析 ―談話の行為構造における機能とその史的発達過程の考察― 研究ノート/Research Notes 80  稲吉真子 「も」の繰り上げ現象についての考察 ―その選好要因と談話的機能をめぐって― 90 大江元貴 間投助詞の位置づけの再検討:終助詞との比較を通して 書評論文/Review Articles 100 堀江薫 『語用論の基礎を理解する』Gunter Senft (著)、石崎雅人・野呂幾久子(訳) 2017年,東京:開拓社 206 尾谷昌則 Masa-aki Yamanashi (ed.) Cognitive Lingusitics. Vol.1~5. London: Sage Publications, 2016. 語用論の新しい流れ/New Trends in Pragmatics 118 田中廣明 Istvan Kesckesの社会認知的アプローチ(Socio-cognitive Approach to Pragmatics) について   126 日本語用論学会規約 134 Constitution of The Pragmatics Society of Japan (Abbreviated Version)  139   編集委員会より  140 奥付 

『語用論研究』第18号 (2016)

  すべて/All Articles   『語用論研究』第18号 / Studies in Pragmatics 18   研究論文/Papers 1 堀内ふみ野: 空間から談話へ:前置詞の談話指示用法に関する認知言語学的考察 28  平田未季: 共同注意確立過程における話し手による指示詞の質的素性の選択 研究ノート/Research Note 48 三浦愛香: 学習者コーパスによる中間言語語用論分析:UAM CorpusTool Version 3.2を用いた要求の発話行為のケーススタディ 特別寄稿論文/Special Contribution 60 N. J. Enfield,  Pragmatics, Cognition, and Language in Action 会長就任講演/Presidential Lecture 78 加藤重広: 文脈の科学としての語用論―演繹的文脈と線条性 書評論文/Review Article 102  滝浦真人: 定延利之 『コミュニケーションへの言語的接近』   ※最新号は、以下のサイトからご購入頂けます。http://www.kaitakusha.co.jp/search/search.php?s=020404  

『語用論研究』第17号 (2015)

 論文/Paper 1 Satoshi Imamura,  The Effects of Givenness and Heaviness on VP-internal Scrambling and VP-external Scrambling in Japanese 17  玉地瑞穂: 日本語における伝聞証拠性のマーカーと「語彙的引用構造」の比較:通時語用論的観点から 研究ノート/Research Note 33 小松原哲太: 言葉遊びであることへのメタ言語的言及 特別寄稿論文/Special Contribution 42 Mira Ariel,  Higher-Level Category or Constructions: When Many is One 書評論文/Review Article 61  椎名美智: Jonathan Culpeper, Michael Haugh, Pragmatics and the English Language 70 西川眞由美: 今井邦彦 『言語理論としての語用論』 83 林 礼子: 名嶋義直・神田靖子(編) 『3.11原発事故後の公共メディアの言説を考える』

『語用論研究』第16号 (2014)

論文/Paper 1 柴崎礼土郎:直近のアメリカ英語史における the problem is (that) の分析 ―構文の談話基盤性を中心に―  (Reijirou Shibasaki: Explorations of the problem is (that) in American English: With Special Reference to Discourse Functions over the Past Couple of Decades) 20  Lars Larm: Modality Packaging in Japanese: The Encoding of Modal Meanings and Subjectivity 研究ノート/Research Note 47 西田光一: 日本語の自称語を使った広告から見た支出と発話の共通点  (Koichi Nishida: Notes on the Comparability of Expenditure and Utterance in Relation to Japanese Advertisement Featuring Self-Reference Terms) 57 市村葉子・堀江薫: 若者の自然会話における「の(φ)」の伝達的機能 ―男女間の使用差と「んだ(φ)」との機能分担に着目して―  (Yoko Ichimura and Kaoru Horie: The Communicative Functions of no (φ) in Natural Conversations among Young People: Focusing on the Differences in the Usage of no (φ) between Men and Women and the Functional Divisions of Labor with n da (φ) ) 書評論文 67  山岡政紀: 久保進(著)『言語行為と調整理論』  (Masaki Yamaoka: Speech Act and the Theory of Regulation by Susumu Kubo) 77 武内道子: 大津隆広(著)『発話解釈の語用論』  (Michiko Takeuchi: Pragmatics of Utterance Interpretation by Takahiro Otsu)  89 滝浦真人: 金水敏・高田博行・椎名美智(編)『歴史語用論の世界』  (Masato Takiura: Horizons of Historical Pragmatics: Grammaticalization, Politeness and Speech Act eds. by Satoshi Kinsui, Hiroyuki Takada, and Michi Shiina) その他/Miscellanea 101 日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第15号 (2013)

論文/Paper 1 澤田 淳: 視点、文脈と指標性 ―英語指示詞における聞き手への指標詞シフトの現象を中心に―  (Jun Sawada: Viewpoint, Context, and lndexicality: Indexical Shifting in the English Distal Demonstratives) 24 小笠原清香: 強意副詞の脱語量化とその後の展開:強意から迅速への意味変化  (Sayaka Ogasawara: Delexicalization and Relexicalization of Intensifiers: Their Semantic Development from Intensity to Rapidity) 特別講演/Special Lecture 42 Michael Rundell: Corpora, Dictionaries and Pragmatics: Challenges and Opportunities in the Age of E-Iexicography 会長講演/Presidential Lecture 57  Takuo Hayashi : The Effect of Conceptualization on the Pragmatic Meaning of Politeness その他/Miscellanea 79 日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第14号 (2012)

論文/Paper 1 堀田智子・堀江薫: 日本語学習者の「断り」行動におけるへッジの考察 ―中間言語語用論分析を通じて― (Tomoko Hotta and Kaoru Horie: Hedges in Refusals of Invitations by Japanese Learners: An lnterlanguage Pragmatic Analysis) 20 山本尚子: 日本語名詞句トート口ジー「AもAだ」の認知語用論的研究  (Naoko Yamamoto: A Cognitive Pragmatic Study of the Japanese Nominal Tautology A mo A da ) 研究ノート/Research Note 37 新井恭子: 災害情報伝達の問題を語用論の視点から考える ―関連性理論の枠組みを使った問題再検討例―  (Kyoko Arai: The Disaster Information Transmission Problems from the Pragmatics Perspectives : An Example of Applied Relevance Theory その他/Miscellanea 48 日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第13号 (2011)

論文/Paper 1 Anne Reboul: A Relevance-Theoretic Account of the Evolution of Implicit Communication 研究ノート/Research Note 20 小川典子: 談話標識としての指示表現「そりゃ」の機能について  (Noriko Ogawa: The Function of Referential “Soyra” as a Discourse Marker) ディスカッション/Discussion Note 32  児玉徳美: 言語分析への提言  (Tokumi Kodama: Some Proposals tor Pragmatics) 特別寄稿論文/Special Contribution 38  Malcolm Coulthard: The Linguist as Expert Witness 特別講演/Special Lecture 55 Elizabeth Closs Traugott: On the Function of Adverbs of Certainty Used at the Periphery of the Clause 海外における語用論研究の動向/Current Trends in Pragmatics Overseas 75  Hiroaki Tanaka: The Max Planck Institute for Psycholinguistics, Nijmegen, The Netherlands その他/Miscellanea 85 日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

『語用論研究』第12号 (2010)

論文 1 西川 眞由美 DM lookの手続き的意味 19 大西 美穂 前置詞句を伴う英語所有文のトピック構文的解釈 特別寄稿論文 37 Peter R. R. White Taking Bakhtin Seriously: Dialogic Effects in Written, Mass Communicative Discourse 特別講演 54 Hartmut Haberland Pragmatics as a Component vs. Pragmatics as a Perspective 69 Laurence R. Horn Implicature Revisited: Problems and Prospects in Neo-Gricean Pragmatics その他 95 日本語用論学会規約/『語用論研究』投稿規定

TOP