日本語用論学会

『語用論研究』第22号 (2020)

※オンラインでの公開は、2023年4月を予定しています。 
※最新号は、以下のサイトからご購入頂けます。
http://www.kaitakusha.co.jp/search/search.php?s=020404

 

特別寄稿論文  Special Contributions

1

Istvan Kecskes Linguistic Creativity in English as a Lingua Franca

一般投稿論文/Regular Papers

14

ツォイ エカテリーナ 共同発話構築に見られる日本語母語話者の「言語ホスト性」―接触場面及び母語場面における三者間課題達成談話の分析から―

33 

山﨑のぞみ ターン交替/ターン継続に関わる発話末thoughの機能―イギリス英語の会話コーパスを用いて―

51

児島麦穂 笑いと仮説のシナリオによる共通基盤化プロセス―女性多人数会話の談話分析―

74

堀内ふみ野 親子会話で生起する前置詞句単独発話

94

Sally Jones Doing Challenges with Appendor Wh-Questions

書評論文/Review Articles

109 八木橋宏勇 山岡政紀(編)『日本語配慮表現の原理と諸相』,2019,東京:くろしお出版,iv +254p,ISBN 978-4-87424-815-7
116 田中廣明 井出祥子・藤井洋子(編)『場とことばの諸相』(シリーズ 文化と言語使用2), 2020, 東京:ひつじ書房, vi + 293p, ISBN 978-4-89476-792-8
TOP