日本語用論学会

自然災害で被災された会員の会費・参加費免除について

令和6年能登半島地震により被災された会員の皆様、およびご家族・ご親族・ご関係の方々に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。
日本語用論学会では、激甚災害およびこれに準ずる災害で被害に遭われた会員の皆様に対し、お申し出いただいたくことにより、当該年度の「年会費」ならびに「年次大会参加費」を免除させていただきます。(すでに会費納入がお済みの場合、次年度の会費に充当することも可能です。また、当該年度の年次大会が既に終了している場合、次年度の年次大会参加費の免除とさせていただきます)

会費・学会参加費免除 申請先(メール、郵送のいずれも可、まずはご連絡いただけましたら手続きの詳細をご連絡させていただきます。)

  日本語用論学会事務局
  〒560-0043
  大阪府豊中市待兼山町1-8
   大阪大学大学院人文学研究科言語文化学専攻
   秦かおり 研究室内
     E-mail: secretary (at) pragmatics.gr.jp

 

会長

滝浦 真人

TOP