日本語用論学会

『語用論研究』第20号 (2018)

※オンラインでの公開は、2021年4月を予定しています。 
※最新号は、以下のサイトからご購入頂けます。
http://www.kaitakusha.co.jp/search/search.php?s=020404

 

巻頭言

1

加藤重広 『語用論研究』の20周年にあたって 美しい砂の山をきずくために

特別寄稿論文  Special Contributions

3

Jonathan Culpeper and Daniel Van Olmen:
Historical Pragmatics and Dialogue: Early Modern English Negatives and Beyond

16 

Stephen C. Levinson:  Spatial Cognition, Empathy and Language Evolution

招待論文  Invited Papers

22

Ayşe Nur Tekmen トルコ語に見られる敬語及び丁寧表現

41 

西田光一 談話内のことわざの代用機能とグライスの協調の原理の再評価

 

一般投稿論文/Regular Papers

62

平田一郎 指示表現のレトリック

82 

太田 奈名子 占領期日本(1945-1952)のラジオ番組『真相はこうだ』の批判的談話研究
          -〈国民の声〉による〈会話〉を考える-

20周年記念シンポジウム「語用論研究の広がり:語用論の関連分野からの提言」/Symposium “Advancement of Pragmatic Research: Opinions from Related Fields in Linguistics”

103

松本 曜  意味論と語用論は近づいたか

109

定延利之  民族音声学の夜明け

114

酒井 弘  含意と推論の基盤を探る 

121

鍋島弘治朗  総 括

書評論文/Review Articles

125 窪田悠介 Pragmatic Aspects of Scalar Modifiers: The Semantics-Pragmatics Interface, Osamu Sawada. Oxford University Press, 2018, vii + 254 p., ISBN: 978-0-1987-1423-1
135 山口征孝 『話しことばへのアプローチ?-創発的・学際的談話研究への新たなる挑戦』鈴木亮子・秦かおり・横森大輔 編. 東京: ひつじ書房, 2017, vii + 269 p., ISBN: 978-489476818-5
144 田中博明 Doing Pragmatics Interculturally: Cognitive, Philosophical, and Sociopragmatic Perspective, Rachel Giora and Michael Haugh (eds.). Berlin: Mouton De Gruyter, 2017, xi + 350 p., ISBN978-3-11-054384-1

 書評/Book Reviews

155 内海 彰 Rhetorical Questions: A Relevance-Theoretic Approach to Interrogative Utterances in English and Japanese, Risa Goto. Tokyo: Hituzi Shobo, 2018, viii + 194 p., ISBN 978-4-89476-883-3

語用論の新しい流れ/New Trends in Pragmatics

160 早野薫 レヴィンソンが牽引するインタラクション研究
TOP